ダラスにて

mikaotx.exblog.jp
  mikaotx@gmail.com

【1枚シリーズ】8月30日ツインズ戦直前

昨日の試合結果は残念でしたが、試合前に夫が撮影してきた中から1枚ご紹介。試合開始前にブルペンで投げ込むダルビッシュ選手。後ろには通訳を務める二村氏と、TV局カメラマンの姿が見えます。
f0232083_1244234.jpg

この写真のダルビッシュ選手の表情を見ていて、私はふと静寂を感じました。ですが、ブルペンの上からはダルビッシュ選手を一目見ようとたくさんの人が彼を見つめ、また写真などを撮ったりしていて、まったく静かな環境ではありません。自分を見つめる観客はもちろん音楽もかかり気温も高い、そんな状況なのです。その様な中、静かな表情でピッチングに集中するダルビッシュ選手の姿がありました。
Commented by 道産子太郎 at 2013-09-01 17:17 x
更新ありがとうございます(≧▽≦)ゞ
全く同じ印象を感じました。
慣れてるとはいえ、この落ち着いた表情流石です。うちに秘めたる思いは相当なものでしょうが本当に静かな表情ですね。
Commented by なっちゃん at 2013-09-01 17:55 x
はぁ~可哀想なダル投手(;;)援護が少ない上 灼熱地獄だなんて…3失点なんて上出来ですよね。アメリカのメディアって本当に意地悪で嫌いです。問題は彼じゃなく打線なのに…今日限りでリオス推し卒業します!どんだけ毎回毎回貧打&チャンスを潰すんだよ~(;;)100年の恋もさめました。ホランド推し復帰します(笑)☆クルーズ君がいたらなぁ~今頃A'sと9ゲーム差くらいだったかな~なんて夢みてます(^^)
Commented by fairchild_radio at 2013-09-02 00:40 x
集中しているアスリートには
周りの騒音の中で
本人の周りだけ無音のベールに被い包まれているような
そんな空気感がありますね

8月の登板試合では全て3失点以下と
結果は十分なのではないかと思いますが
周りは更に上を求めます。
実際彼はそれほどの投手だということなのだとも思います。

向かうところ敵なしという姿を期待してしまう反面
彼が日本を出たのはコレだったのだろうと思うと
それに挑んでいく姿にこそ
観ている楽しみがあるような気もします。

夫さんの写真は本当にいつも素晴らしいですねぇ^^






Commented by M子 at 2013-09-02 01:43 x
はじめまして。
いつも楽しみにブログ覗かせて頂いています!
この写真、ほんとに静寂を感じますね。
日本では、ほとんどの球場がブルペンは室内にあります。
ダルくんが投球する時も、いつも相手チームの応援歌が鳴り響く中での投球だったなぁって今更思いました。
昨年のデビュー戦とか、自分への大声援が、落ち着けば有難いと思うだろうけど、最初は戸惑ったかな?雰囲気が全然違いますものね。

昨年とは見違える投球を披露してくれるダルくんは、ものすごい努力したんだろうな。すごいアスリートなんだなって、写真見て改めて思いました!
まだ勝ちきれなくてメディアにも色々言われてしまいますが、
課題は一つ一つクリアしていってくれると思っています。

ダルくんは日本にいる時から愛想はよくないですが(笑)
ファンの事はとても大切に思ってくれる人なので、どうかこれからも近くで応援してあげて下さい!
Commented by mikaotx at 2013-09-02 08:08
>道産子太郎さま、
これからの登板に向けて集中し、胸に秘める思いは並々ならぬものがあるのでしょうね。
近寄りがたい雰囲気です。
Commented by mikaotx at 2013-09-02 08:21
>なっちゃんさま、
残念ながら、先日の試合の敗戦原因はダルビッシュ選手だと思います。
日本では”ダルビッシュは良かったが打線がだめだった”なんて伝えられているのですか?
アメリカのメディアは事実を伝えてくれていて、ちっともいじわるではありませんよ~!
今シーズンのダルビッシュ選手は打線がリードしておいてくれた所をあっさりと、
なんてことない打者に打たれて同点にされたり逆転にされて、何度かそのパターンで負けています。
チームの連勝を止めてしまっていた時期もありました。確かに打線とかみ合っていない時期もありましたがおとといは違いました。
でもダルビッシュ選手の事なので、この課題もクリアしていくと信じています。
それだけの実力があるし、地元メディアもそのように必ず言っていますよ♪

ただ、本当に打線に恵まれずまったく勝てない不遇の人と言えば、ホランド君です(涙)
彼の調子が良くてもまったく勝ち星に恵まれない時期が続いています。
私ももっとホランドを応援するので、ぜひなっちゃんさまも!!
Commented by mikaotx at 2013-09-02 08:28
>faichiled_radioさま、
どのアスリートも本番前にはこのようにまわりを寄せ付けないほど集中し、
静かな空間をつくるのでしょうね。

”エース論争”で盛りあがっていますが、今シーズンはハリソンを欠き、そんな中
エースと呼べるのはダルビッシュ選手しかいないのですよね。
去年の屈辱を晴らそうとチームもファンも意気込んでいる所です。
確かに3点以下でクオリティスタートとしては十分だと私も思うのですが、
たいして強くもない、”勝ち星を稼がせてくれる筈のチーム”に負けてしまう事が
多かったダルビッシュ選手なので、”なぜ?”という思いもあるのかもしれません。
”ここで勝っておきたい”というときに負けてしまうので、地元ファンもじりじりしています。
ただ、そんなこともあるかと思えば素晴らしいピッチングを見せてくれるダルビッシュ選手なので
多くの人たちが魅了されているのだと思います。そしてそこにはレンジャーズ愛が
あるからこそのエース論争。みんな愛があります!
どんな課題が出てこようと、”彼ならきっと大丈夫”と信じています。

この写真は夫の新しいカメラで撮りました。どうでしょうか??
Commented by mikaotx at 2013-09-02 08:42
>M子様、
はじめまして。コメント下さりありがとうございます!
そういえば、日本のブルペンは室内でしたね。たまにカメラがそこへ切り替わっていたことを思い出しました。
MLB、特にレンジャーズの球場は人もスタッフもみんな温かく、はじめて観戦に行った人でも
大きく腕を広げて受け入れてくれ、楽しませてくれる環境があります。
選手を全く知らなくても、温かさ、楽しさ、そのホスピタリティにはまってしまう人が多くいます。
ダルビッシュ選手の時もテキサスの人たちは大歓迎で迎えてくれました。
日本とアメリカの応援はご指摘の通りずいぶん違いますが、ダルビッシュ選手は
もうアメリカの応援には慣れてくれたかな?と私も気になっています。
アーリントンはフィールドと観客席が近い分一体感がすごいのですが、
ときに期待あふれる総立ちの拍手の中で選手がプレッシャーに感じることがないかな、とも思います。
でもきっと彼ならものともしないような。

愛想はあまり良くないんですね(笑)日本人には黙っていても伝わるのですが、
こちらの人には伝わりづらいかな?でもダグアウトで他の選手と話している所を良く見るので、
”YUはシャイなんだ”と思ってくれている筈!
Commented by Saxet at 2013-09-05 21:08 x
私の撮った写真にも写っている、後ろのスキンヘッドの方は誰?
昨年から気になって気になって…
Commented by mikaotx at 2013-09-06 09:37
>Saxet
デジャヴ~~~!!(笑)
ブルペンの主・・・・ですかね?
by mikaotx | 2013-09-01 13:38 | レンジャーズダルビッシュ有選手 | Comments(10)