ダラスにて

mikaotx.exblog.jp
  mikaotx@gmail.com

ベスト・オブ・2013!ダルビッシュ有xヒューストン・アストロズ4月2日戦!(後編)

前編(リンク)の続きです!ダルビッシュ選手、気合が入っています!
f0232083_4493032.jpg

フォーーーーー!
f0232083_4501649.jpg

投げるのをいったんやめて、靴ひもを結びなおします。ヒューストンはアウェイなので、こんな時にもブーイングが起こるんですよね。仕方ないけど切ないな。
f0232083_4502831.jpg

ロージンを手に当てます。
f0232083_4504241.jpg

攻撃陣もダルビッシュ選手を援護します。走る走るアンドラス君!!
f0232083_4505573.jpg

土を蹴り上げながら、
f0232083_451874.jpg

一気に3塁へ!
f0232083_4512120.jpg

ふー、一息。
f0232083_4535044.jpg

f0232083_454472.jpg

ベルトレも頑張れー!
f0232083_4542068.jpg

パワフルなスイングを見せてくれたベルトレ師匠。
f0232083_4543256.jpg

f0232083_4544468.jpg

今年の主砲に期待!
f0232083_4545621.jpg

ネルソン・クルーズもレンジャーズ打線の要です。Cruuuuuuz!
f0232083_4565221.jpg

いかにもメジャーリーガーのスイングですね。
f0232083_457690.jpg

f0232083_4572017.jpg

f0232083_4573461.jpg

この日ダルビッシュ選手のバッテリーメイトのAJ・ピアジンスキー。
f0232083_4574673.jpg

f0232083_458024.jpg

なんとバットが折れた!
f0232083_458133.jpg

たしか6回あたりに夫が”もしかしたら完全試合いけるかも”と呟きました。え、ほんと?!同じように観客の誰もが思っていたようで、完全試合が達成できるかもしれない”そんな雰囲気がミニッツメイドパークを包み始めたとき、ダグアウトにも緊張感が漂い始めました。
f0232083_459533.jpg

キョロキョロするダルビッシュ。
f0232083_4591951.jpg

キャップにはMLBのロゴ。この短くて暗めにカラーリングした新しいヘタスタイルいいですよね!こちらの日本人奥様たちにも評判がよいです。
f0232083_459319.jpg

どんな緊張感と言うと、MLBでは”その日の投手に話しかけると打たれてしまう(=完全試合が達成できない)”というジンクスがあり、誰もダルビッシュ選手には話しかけなくなったのです。一人で口笛を吹くダルビッシュ。
f0232083_4595010.jpg

相手チームの攻撃の時もひとりポツンなダルビッシュ選手。
f0232083_50462.jpg

試合の中継をご覧になっていた方にはダルビッシュ選手がいないかのようにふるまうダグアウトの様子が確認できたことでしょう。
f0232083_501820.jpg

f0232083_503514.jpg

そんなぼんやり写真を撮っている一時!
f0232083_505652.jpg

ダルビッシュ選手が少しこっちを向いたと思ったら。
f0232083_511954.jpg

目の端っこでこっちをめっちゃ見た!!(笑)
f0232083_513653.jpg

もしかして・・・・”わ、あのいつもいるあいつらだ。アウェイなのにいるし・・・”とか、
f0232083_52092.jpg

”仕事なにやってんだろう”とか思ってたりする?見すぎじゃない??(笑)
f0232083_521498.jpg

あー、どきどきした(笑)
f0232083_523828.jpg

そして再び一人ぼっちでドリンクを飲むダルビッシュ。やはり誰も近寄ってこない。
f0232083_525570.jpg

マウンドに立つダルビッシュ選手、彼を見つめる観客の目がまた違ったものになってきました。
f0232083_535871.jpg

この日はいつもと違う行動を沢山していたダルビッシュ選手。
f0232083_541795.jpg

このころにはダルビッシュ選手が投げる一球ごとに、私は息を止めながら見守っていました。試合が始まったから私たちが口にしたものはコーラだけ。おなかは空いていたのですがそれどころじゃない!!ダルビッシュ選手のピッチングを息を止めて見守り、レンジャーズの攻撃の時はトイレ休憩でした(笑)
f0232083_543648.jpg

一瞬だけ目を閉じて呼吸を整えているかのようです。
f0232083_545626.jpg

レンジャーズが試合後半からどんどん点を入れ始めたので、もう諦めて帰っていくアストロズファンもいましたが、残ったアストロズファンたちがレンジャーズファンと一緒に試合の行方を見守り始めました。完全試合に立ち会うなんて滅多に経験できるものではないから、敵味方関係なくダルビッシュ選手の一球一球にくぎ付けになっていったのです。
f0232083_551795.jpg

ペースダウンすることなく、
f0232083_554235.jpg

快調に投げます!
f0232083_5637.jpg

打たれてもキャッチ!”完全試合なるか”、その文字がはっきりと皆の中に存在を示し始めたとき、レンジャーズ守備軍の空気も変わりました。”なにがなんでも守り抜こう”、選手たちのそんな気持を私は肌で感じました。アストロズの本拠地なのに、アウトをとるたびに沸き起こるレンジャーズコール。それは回を追うごとに大きくなっていきました。
f0232083_562779.jpg

そしてバッターたちも責める!
f0232083_5472694.jpg

f0232083_5474581.jpg

どんどん点を入れて、ダルビッシュ選手をサポート。
f0232083_548396.jpg

そしてもう一度ダルビッシュ選手の素晴らしい投球をいろんな視点からどうぞ。
f0232083_551831.jpg

まずはワイド。
f0232083_5514068.jpg

f0232083_552598.jpg

f0232083_5544260.jpg

f0232083_555490.jpg

f0232083_5552650.jpg

f0232083_5554942.jpg

f0232083_5561078.jpg

f0232083_5571087.jpg

f0232083_5573195.jpg

同じ投球をズームイン!
f0232083_558795.jpg

f0232083_5582435.jpg

f0232083_5584295.jpg

f0232083_5585885.jpg

f0232083_5591696.jpg

f0232083_5595470.jpg

f0232083_60178.jpg

f0232083_603832.jpg

f0232083_605698.jpg

これまたきれいに打たせてアウト!
f0232083_611763.jpg

そしてアップ!
f0232083_622925.jpg

f0232083_624614.jpg

f0232083_63325.jpg

f0232083_632344.jpg

f0232083_633940.jpg

f0232083_635849.jpg

f0232083_641635.jpg

f0232083_64338.jpg

f0232083_64556.jpg

f0232083_675610.jpg

誰も打たないで、絶対打たないで!!という気持ちを込めながら見つめていました。
f0232083_692720.jpg

一球一球がすべてが緊張最高潮。
f0232083_681555.jpg

そして運命の9回。これを乗り切れば偉業が達成されるのです。左上はダルビッシュ選手の試合成績。8回を投げて0ヒット、0四球、14奪三振。まさにパーフェクト試合が目の前に!
f0232083_610278.jpg

最終回の9回が始まってもなかなか出てこなかったダルビッシュ選手ですが、フィールドへ現れたときには敵味方なくものすごい歓声が沸きました。
f0232083_6102265.jpg

もう完全に疲労のピークを超えているのがよく分かります。
f0232083_6121531.jpg

あの”決定的瞬間”は夫のカメラでは撮影していませんでしたが、どうなったかは皆様ご存知の通り。まさか打たれるとは。まさか誰も取れなかったとは・・・・ミニッツメイドパークに大きな失望感が広がりました。その瞬間を記録に収めておきたいと、私はiphoneで録画していました。9回の初球から録っています。画面が揺れているのは緊張して手が震えてしまっていたんです(笑)それほどこちらも緊迫した状況でした。特に最後に打たれたときは悲鳴のような声が聞こえ、観客もショックを隠しきれませんでした。




あと1球だったのに。記録達成はなりませんでした。マウンドのダルビッシュ選手にチームメイトが駆け寄ります。
f0232083_6175090.jpg

みんながここまで投げたダルビッシュ選手を労います。
f0232083_618671.jpg

私がものすごく好きなシーンで、いま写真を見ても涙が・・・・・
f0232083_6185178.jpg

だってみんながこんなに笑顔!あまり笑顔を見せることのないダルビッシュ選手ですが、この日ばかりはやりきった気持ちが表情に出ていますよね。
f0232083_6191832.jpg

そこへワシントン監督が歩み寄ります。一番左に立っているのは”完全試合を達成したらどうやってお祝いしようとしか考えていなかった”というキンズラー(笑)
f0232083_6193253.jpg

ダルビッシュ選手からワシントン監督にボールが託されます。
f0232083_6194947.jpg

ワシントン監督がダルビッシュ選手を労います。
f0232083_620683.jpg

ここでピッチャー交代、カークマンへ!試合はあとひとつのアウトで終了する事、レンジャーズがリードしたままということもあり、ロンちゃん珍しく笑顔で交代の投手を指名しました。この時の指揮官ロンちゃん、かっこよかった!レンジャーズ側のダグアウトへと戻るダルビッシュ選手に私たちは手のひらが痛くなるほど惜しみない拍手を贈りました。
f0232083_6201845.jpg

レンジャーズファンにその名前を刻みつけたアストロズのゴンザレス選手。彼もまた必死だったのです。いやー、でもねー(笑)
f0232083_6203520.jpg

カークマンに交代したあと、ちょっと怪しい場面もありましたがレンジャーズがみごと試合に7-0で勝ちました!試合終了後にフィールドへ出てくる選手達、そしてダルビッシュ選手を残っていた観客がみんな待っていました。
f0232083_6205761.jpg

あと1球、本当にあと1球だったけれどダルビッシュ選手は今季最初の登板試合で忘れられないものを残してくれました。ありがとう!!
f0232083_6222069.jpg

NHKのインタビューに応えるダルビッシュ選手。インタビューの後、ダグアウトへ戻るダルビッシュ選手に私達は手のひらが痛くなるほど拍手を贈りました。それに応えて、ダルビッシュ選手が照れくさそうに少し顔をあげて右の方に視線をやりながら笑顔を見せてくれたことが印象的でした。
f0232083_6214292.jpg

素晴らしいリードを見せてくれたピアジンスキーもインタビューに応えていました。移籍が決まった直後は”MLBきっての嫌われ者”や”荒くれ者”、そんな噂ばかりを耳にしていたピアジンスキーでしたが、この夜私は彼の捕手としての実力の高さを思い知ったのでした。
f0232083_6223952.jpg

注目されたテキサス州のチーム同士の試合。それは予想外にとてもドラマティックな展開になりました。
f0232083_6225455.jpg

完全試合への道が絶たれた瞬間、信じられなくて私は涙ぐんでしまいました。
f0232083_6231671.jpg

でもこの夜はダルビッシュ選手の素晴らしいピッチングはもちろん、レンジャーズの選手たちが彼をサポートするために必死で守ってくれた事も強く印象に残りました。特にマーフィーにモアランド、守備の苦手なキンズラーも必死でした。打たれても彼らがなんとしても、と守り切ってくれたのです。私たちはこの日のヒューストンでの夜の事を一生忘れません。ダルビッシュ選手、お疲れ様でした!!
f0232083_6232786.jpg

Commented by 道産子太郎 at 2013-12-29 23:18 x
うわーこの日のテンションが蘇ってきたー!
沢山ありがとうございます。
写真沢山でも、最近ひかり回線に変えたのでスムーズでした(^^)v

TVの前でまさかこんなにハラハラ・ドキドキするとは試合前には思いもよらず。
打たれた時、口から心臓が飛びでそうになりましたよ(^_^;)
この試合の録画は保護掛けて保存してます(笑)

来季も更にバージョンアップしたダル(MLB仕様・改)が楽しみで仕方がない!

今年一年大変にお世話になりました。
来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
Commented by fairchild_radio at 2013-12-30 01:05 x
本当に昨日のことのように蘇りますねぇ
今年こそ何とか完封勝利を。。
なんて思いながら観ていたので
それがいきなり完全試合かよ!なんて
超興奮しました

打たれたときの悔しさたるや
表現の仕様もありませんでしたが
内野陣がマウンドに歩み寄り
監督が交代を告げるまでの光景は素敵でしたね
そしてダルの満面の素の笑みは
最高の一枚ですね

何やかや言われながらも
しっかりと投手陣の中心選手としての位置に
既にいるわけですから
やっぱり凄い投手なのは間違いないですね

ホントにしつこいようですが・・
流れるような写真を見ながら
マーフィーもキンズラーもAJもクルーズ?も・・
何よりジェントリーも
来年はいないんだなぁって またまた後ろ向きな
感情になってしまいましたが

アンドラスくんがベース上で
両手を広げている写真を見て
そう この三遊間コンビがいるじゃないか!ってw
思いました^^

Commented by mikaotx at 2013-12-30 13:37
>道産子太郎様、
私も記事を読み返していて、段々テンションが上がっていくのがわかりました。
回線を変えられたのですね。これまでもしかしてとってもご負担をかけていたのでは・・・(涙)
もうこのメンバーで試合は見られないのだと思うと寂しくなったりもしました。
レンジャーズを去ったあの顔、あの顔、あの顔、そしてあの結果(涙)
のんきにヒューストンへ出かけていったあの日の自分のことも思いだしました(笑)
いやそれにしてもやっぱり今思い出しても感動です。
来年のダルビッシュ選手にもやっぱり期待してしまいます。

来年もこちらこそよろしくお願いいたします!
Commented by mikaotx at 2013-12-30 13:44
>fairchild_radioさま、
いま振り返ってみても打たれたことが悔しくてなりませんが、
それでもとても素晴らしいドラマでした。
私はあまり感動を押しつけてくるようなTVの演出は苦手なのですが、
(オリンピックなど、感動をありがとう!というような風潮も・・・・)
この試合は素直に感動しました。ダルビッシュ選手だけでなく、
最後に彼のもとに駆け寄った選手、監督すべての光景は一生忘れられないと思います。

コメントに書かれたメンバー達がいなくなってしまったのは本当に寂しいですよね…
でも確かにアンドラス君がいる!なんとなく元気が出ました(笑)
来年もどうぞよろしくお願いいたします♪
by mikaotx | 2013-12-29 11:50 | レンジャーズダルビッシュ有選手 | Comments(4)