ダラスにて

mikaotx.exblog.jp
  mikaotx@gmail.com

'16年のダルビッシュ選手から感じるもの

昨年、フィリーズよりレンジャーズに移籍してきたコール・ハメルズ。シーズン途中参加ながら、レンジャーズに多大な貢献をしてくれました。そのハメルズとダルビッシュ選手の1枚。二人できりりと同じ方向を見つめています。

最近、日ハム時代のダルビッシュ選手の写真を見る機会が何度かありました。日本ハムファイターズのユニフォームに身を包む、ちょうど20歳かその頃くらいのものです。当時の写真を見ても十分に美しい体格だと感じたのですが、いまのダルビッシュ選手はメジャーリーガーらしい風格が備わり、レンジャーズのエースとしての貫録が漂っています。それはダルビッシュ選手自身が何年にも渡り様々な経験や研究を重ねて、身に着けてきたものだと思います。レンジャーズファンの誰もがダルビッシュ選手をエースと認めるのには彼の成績だけでなく、年々進化を遂げ、新しいダルビッシュ選手を見せてきたからではないでしょうか。2016年のスプリングトレーニングが始まり、また進化したダルビッシュ選手にアメリカ人ファンは歓喜しています。そして今、彼が見せてくれている新しい取り組みはこれまでの日本人メジャーリーガーに無かったもの。常にわくわくさせてくれるものがそこにはありますね。

そして隣に立つコール・ハメルズ、なんだか印象が去年と違うような気が・・・。

・・・。

・・・・・・。

あ、ヒゲ!髭がないんですね。全部剃っちゃったみたいです。個人的には髭があったほうがいいと思うな~(余計なお世話ですね)。今シーズン、この頼れる2人がレンジャーズを引っ張っていってくれることを信じて、Let's go Rangers!!
f0232083_7294915.jpg

*携帯電話やスマートフォンで見て下さる皆様へ。ページが速く表示されるため、写真は低画質での表示になる時があります。その時は、高画質で見たい写真をクリックするか、あるいは画面下の「PC表示モード」をクリックして頂くとパソコンで見るときと同じ高画質で写真を見ることができます。
Commented by トートー at 2016-02-29 14:44 x
イケメン二人、絵になりますね。眼福眼福(*^^*)
Commented by トートー at 2016-03-01 09:29 x
昨日はイケメン2人に興奮してしまったので、一晩たって少し落ち着いて(笑)もう1回コメントさせていただきます。

私が生ダルビッシュを初めて見たのは彼が高校2年生の秋です。2mくらいの至近距離からの第一印象は「薄っ!」でした(笑)次に見たのはプロ3年目21歳、その頃もスラリとしていましたが、スタンドからグランドの距離で見てもすごく大きくなったなと驚きました。最後の生ダルは肉体改造後の2011年の夏、まだメジャーへ行くと明言はしていませんでしたが「この体でメジャーで戦う」というメッセージがビシビシ伝わってきました。
復活をかけた今年のダルビッシュ選手、日本では大谷君とのツーショットの腕の太さが印象的すぎるせいか「上半身に無駄な筋肉が~」みたいに言われることが多いようですが、私は写真を見ても動画を見ても、太腿の充実ぶりに目がいってしまいます。ついつい「あのユニフォームのパンツがゆるゆるだった有君がねえ、立派になって」と近所のおばちゃん目線になってしまいます(笑)
以前ダルは、肉体改造について「この体で失敗だと思ったら元に戻せばいいだけだし」というコメントをしていました。『ダメだったら振出しに戻ればいい』とさらりと言う裏にどれだけの覚悟があるのだろうかと・・・、胸に響きました。今もこれからも、彼はその覚悟を持って自分の道を探していくんのでしょうね。
Commented by mikaotx at 2016-03-01 14:56
>トートー様、
2度のコメントありがとうございます♡
ダルビッシュ選手、薄かったんですね!笑。
確かにプロ入りたての写真を見ても細マッチョ、いい意味で”日本のプロ野球選手”という感じがしました。
年々、上を目指して体を作ってきたんですね。ずっと見てこられたトートー様にとっては感慨深いものがあるでしょうね。
太もも、充実していますよー!現場で見ていてもただ太いのではなくて、ストレッチ中など、ちゃんとそこから
筋肉が透けて見えるんです。脂肪ではないんですよね。そして全体的に体を大きくしても変わらない顔の大きさ!
相変わらずの小顔で羨ましい~!
こちらの人も大きい体に小さい顔という人が多いので、彼らと肩を並べてもおかしくない体格になりました。
それにしても”失敗したら元に戻せばいい”んですね。
さらりと言ってのけて、そして彼ならそれを実行に移してしまうであろうことが容易に想像できます。
口だけ番長ではないですから。私の知らなかった時代のダルビッシュ選手の事を教えて頂いて、
彼のこれからの道が更に興味深くなりました。ありがとうございます。
Commented at 2016-03-04 13:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikaotx at 2016-03-05 15:13
>コメント非公開さま、
コメントありがとうございます。
スプリングトレーニングの件ですが、レンジャーズ→ドジャーズは移動しての見学が可能だと思います。
サプライズからドジャーズが練習しているキャメルバックまでは車で約20分ほどです。
レンジャーズは9:30頃ゲートが開いて、見学が一般公開されます。
その後、途中で切り上げてキャメルバックへ移動されると両方行くことができます。
両チームとも12時頃には練習が終わることが多いのでお気を付け下さい。
また、先日よりオープン戦が始まっていますがそのためこれまでより
練習時間が短くなっているかもしれません。
我が家は既にサプライズを離れているので、この辺りはちょっとわからないのです。
細かいスケジュールは発表されないので、その日に行ってみないとわかりません。
ご注意頂きたいのですが、ドジャーズは選手たちの見学はできないような作りになっています。
選手たちの見学はできませんが、練習場へ入ることはできますし、
サインを待つ場所がありそこで選手を待って彼らを見たり、サインを貰う事ができます。
オープン戦については、お好きな場所でチケットを買われたらよいかなと思いますよ♪
(でももちろん野球観戦と言えば内野席ですよね!)
ドジャーズはわかりませんが、芝生の席もあるので楽しいかもしれません。
またなにかありましたらいつでもコメントもしくはメールでご連絡くださいね。
私からも気づいたことがあればコメントで補足させて頂きます。
by mikaotx | 2016-02-29 12:07 | レンジャーズダルビッシュ有選手 | Comments(5)