ダラスにて

mikaotx.exblog.jp
  mikaotx@gmail.com

ダルビッシュ選手、快挙!

”あの夜”から2夜明けました。私達は昨夜ヒューストンから帰宅しましたが、ダラスはまだまだダルビッシュ選手の大ニュースに湧きっぱなしです。あの日世界中であのシーンを見つめていた人がいることでしょう。”あと1人だったのに”。
だけど、完全試合が達成されるその場に居合わせることができるなんて一生に1度あるかないか。残念なことには変わりませんが、あの日ダルビッシュ選手と同じ場所にいられて一生の思い出になりました。

思えば約1年前、ボールパークインアーリントンでMLBデビューを飾ったその日にも私たちはやはりダルビッシュ選手と同じ場所、ボールパークインアーリントンにいました。先日の試合と同じように、レンジャーズ側ダグアウトの少し上から試合を見ていたのです。ダルビッシュ選手は自分の思うようなボールが投げられず、マリナーズの選手をどんどん打席に立たせてしまい、チームメイトのフォローでなんとか勝ち投手になったほろ苦いデビュー戦でした。あの日降板のときがきて、ダグアウトへ俯き加減に戻るダルビッシュ選手にレンジャーズのファンは労いの意味を込めてスタンディングオベーションで迎えました。
それが先日は2年目の初日に完全試合目前のところまでの成績を残したのです。ゴンザレスに打たれてワシントン監督に降板を告げられ、ダグアウトへとさがるダルビッシュ選手に贈られたのは敵地ながらやはりスタンディングオベーション。もちろん労いではなく賞賛の拍手です。
昨年と今年のほぼ同じ時期の事だというのに、あまりにも内容の違うこのスタンディングオベーションに、私達はつい胸がいっぱいになってしまいました。MLBへデビューして1年後にここまでやってのけてしまうダルビッシュ選手は本当にすごい選手なのだと。
f0232083_12485.jpg

試合後のインタビューが終わり、ダルビッシュ選手は拍手を贈るファンたちにとても爽やかな笑顔を見せてくれました。あの笑顔を見て、私の残念な気持ちが少し和らいだ気もします。(それでも残念だけど)ダルビッシュ選手ならまたいつか完全試合を達成するでしょう。それはアーリントンでもないしレンジャーズの選手でもないかもしれない。それでもその日を楽しみにしています。
ダルビッシュ選手の快挙で勢いがついたのか、レンジャーズは昨日も先発へ復帰したオガンド―がなんと10奪三振!チームもアストロズに4-0と勝って、明日からのライバル、エンゼルス戦に大きな弾みがつきました。

ダルビッシュ選手は今季初登板だったというのに長丁場になってしまいましたが、今年も怪我なく投げ抜いてほしいです。お疲れ様でした!
*写真は試合後半、緊張をほぐすようなしぐさを見せたダルビッシュ選手です。
by mikaotx | 2013-04-05 05:29 | レンジャーズダルビッシュ有選手